2010年11月08日

Chromium OS ビルドログ(ソースの取得)

 事前準備が終了したら、次にソースの取得を行います。そのためにはdepot_toolsが必要です。

-depot_toolsの取得
 [1]Install the depot_tools

 depot_toolsの取得方法はいくつかありますが、私はsubversionを使用しました。

 1. depot_toolsを取得する。
~/google$ svn co http://src.chromium.org/svn/trunk/tools/depot_tools

 2. パスを設定する。
~/google$ export PATH=`pwd`/depot_tools:"$PATH"


 頻繁にビルドするなら.profileにパスを設定したほうが良いと思います。

-Chromium OSのソースの取得

 [2]Using cros_workon

 1. 作業ディレクトリ(~/google/chromiumos)に移動する。
~/google$ mkdir chromiumos
~/google$ cd chromiumos

 2. repoを設定する。
~/google/chromiumos$ repo init -u http://git.chromium.org/git/manifest
 emailなどのユーザ情報やターミナルでの文字の色の設定が行われた。
 -m minilayout.xmlのオプションを付けるとダウンロードするソース数が減るかもしれない。

 3. ソースを取得する。
~/google/chromiumos$ repo sync
 ダウンロードには5時間程度かかった。ファイル数約21万、サイズ1.9GB

 [2]には、sshの設定などが書かれていますが、この設定はcommitterとinternal user用なのでスキップしました。手順1で-m minilayout.xmlオプションを付けていれば、取得するソースの量が減るかも知れません。
ラベル:ChromiumOS google
posted by Tanaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。