2010年09月13日

Convert後の画像にRecompileすると図式が拡大される現象について

 以前バグ報告エントリで報告があった通り、LatexBox2e1.8時点では、Convert後の画像をRecompileし、TeX形式に戻すと図式が拡大されるという現象があります。これは以前から気付いていたことで、バグというよりも仕様に近いです。
 というのも、Convertして画像化すると、図式の上下左右に自動でマージンが追加されてしまう事が原因です。Convertして画像化した後にRecompileでTeX形式に戻すと、マージンの分だけ図式が大きくなります。このマージンをうまく管理できるといいのですが、マージンのサイズがどの程度追加されるかはわからないうえ、上と下、右と左のマージンのサイズが異なることもあります。図式の上には10pxのマージンが追加され、図式の下には-3pxのマージンが追加されるという具合です。Ver1.8時点ではこのマージンがうまく管理できていません。
 この点を少し修正し、Convert後の画像からRecompileしてTeX形式に戻しても、図式が拡大されないようしました。

 あとクリップボード周りを修正し、クリップボードの内容がクリアされないようにしました。

 何も考えず修正するたびに0.1ずつバージョンをあげたせいで、特に大きな変更もなくver2.0が目前に。C++0xの如く、次は1.Aとか1.B等にしようか。
タグ:LatexBox
posted by Tanaka at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | LatexBox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162437502

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。