2010年05月16日

何もしないアドインの作成

 アドインの中身は後々追加するとして、とりあえず何もしないアドインの作成方法です。



 Visual Studioで新規プロジェクトを作成します。PowerPoint 2007 アドインを選択します。ここではC#で選択しますが、Visual Basicでも同様です。PowerPoint 2003 アドインでも同様にできると思います。私の環境ではPowerPoint 2003 アドインで新規作成すると、インストーラのプロジェクトも自動で生成されました。アドイン名はMyAddInにしました。



 ThisAddIn.csというファイルが作成されます。このファイルのなかでいろいろ行います。ThisAddInクラスのThisAddIn_Startupメソッドはその名の通り、アドインがロードされたときに呼び出されます。ThisAddIn_Shutdownも同様に、アドインがアンロードされたときに呼び出されます。

 とりあえずビルドしてみます。MyAddIn_TemporaryKey.pfxというファイルが作成されます。ClickOnceアプリケーションとして配布する際にはClickOnce署名が必要らしいですが、ClickOnceアプリケーションとして配布しませんし、署名についてはよく知らないのでスルーします。

 とりあえず起動してみます。PowerPointが起動しますが、特に見た目に変化は無いはずです。しかしアドインは起動しているはずです。[Officeボタン]、[PowerPointのオプション]、[アドイン]の[アクティブなアプリケーションアドイン]の中にMyAddInがあるはずです。



 これで何もしないPowerPointアプリケーションアドインが完成しました。ちなみにVisual Studioで作成したアドインはCOMアドインに分類されます。
posted by Tanaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。