2010年04月22日

PowerPointからTeXへ

 TeXからPowerPointへは、LatexBoxによりいくらか楽になりました。次はPowerPointからTeXへの移行を楽にしたい。
 私が普段使っている方法は、仮想EPSプリンタでEPSファイルを作成する方法です
  
 PowerPointの図をTeXで使う
 WindowsでのTeX用仮想EPSプリンタの作成方法



 しかしこの方法だと、設定が悪いのか、EPSファイルの向きやBoundaryBoxの位置が変になったりします。
 実際にこれらの方法はGhostScriptなどを使用すれば案外楽に修正できるのですが、手動でやるのは面倒です。
 なのでその辺の雑多な処理を行うアドインEpsWriterを作成しました。EpsWriterという大層な名前が付いていますが、EPSプリンタでスライドをファイルに出力し、出力したEPSファイルの回転やクリッピングを行うだけです。

 
posted by Tanaka at 23:20| Comment(0) | EpsWriter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。