2010年04月11日

LatexBox2eの改良

 あまりに実行速度が遅いのでLatexBox2eを高速化しました。具体的には、ファイルによるデータの受け渡しをメモリ経由に変更しました。割と速くなったと思います。
 しかし初回の実行速度は相変わらず遅いです。.NETを使用している以上仕方がないかもしれません。とりあえず調べてみました。

 起動時間を短縮する方法 

 上記サイトによると、事前に別にコンパイルするなどの方法があるようです。しかし互換性などを考えるとこの方法は使えません。
 結果としてLatexBox2eには進捗状況を示すテキストボックスを追加して、実行時間の遅さを感じさせない様にしました。

 あとドラッグ&ドロップによるファイルからのテキスト入力機能を追加しました。その際に文字コードの指定もできる様にしました。

 あとインタフェースの一部を変更しました。
ラベル:LatexBox
posted by Tanaka at 13:17| Comment(0) | LatexBox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。